浅間神社だより 第26-6 号 平成26年

『初詣の参拝』
 歳の瀬も押し迫り、新年を迎える準備が始まります。元旦には新しい年の無事や幸せを祈る初詣。近年では、地元の方はちとより、遠方からも多くの方が河口浅間神社へお参りして頂いております。これから迎えます平成27年もよい年でありますよう、皆さんおそろいでのご参拝をお待ちいたしております。神社では皆さんの幸せを願い、氏神様にお祈り申し上げます。
(厄年やl喜寿などの団体でのご参拝、お融い、お札の授与をご希望の方は、12月30日までに神社ヘ申し込んでください。)

『神宮大麻(お神札)を頒布します』
 新年を迎えるにあたり、毎年、自治会の協力により、自治会加入世帯の各戸に伊勢神宮の大麻を頒布しています。まだお礼をお受けになられていない方は神社にて頒布しますので、ぜひ、年内に神宮大麻をお受けになり、新年をお迎えください。一般的な神宮大麻で1 000 円です。土曜日、日曜日、および祝日に捜札所、または社務所にてお授かりください。


『三宝荒神と水神の御幣を頒布します』
 神社では三宝荒神さんと水伸さんの御幣を、ご希望の方に無料にて頒布しますので、神社にてお受けください。
 日頃の生活の中で神をお把りし、家内安全、家族の幸せをお祈りしましょう。

『神社の諸行事や清掃奉仕に感謝』
 年間を通じて神社では多くの行事が執り行われますが、これら諸行事の執行には、河口地区の皆さんのご奉仕によるごご協力によって支えられています。今年時くの皆さん、各団体の協力があり、行事を執り行うことができました。
⚪︎ 宮世話(第2自治会5組、6組)
⚪︎ 隣組毎による神社諸行事の度の清掃奉仕
⚪︎ 老人クラブによる毎月1日の清掃奉仕
⚪︎ 賛助会の神社の管理や啓発の協力。ボランティアガイド(土日祝日)出務の協力
⚪︎ 稚児の舞関係者の皆さんや御神輿番など伝統行事参加の協力
神社では、伝統ある神社を大切に守る皆さんのお心がけに厚く感謝申しよげます。

『賛刷会による正用を飾る注連縄づくり』
 12月23日(火)午前8時30分から賛助会による神社の歳の瀬を向かえるだめの整備活動が行われます。今回の作業は参道入り口の冠木門などの注連縄づくり、文化財である七本杉や栃木に注連縄を飾り、境内の清掃などが行われます。作業のあとは、古代米研究会の寄進による古代米の餅をつき、神前に奉納します。


『道祖神まつり御神木の行事』
 小正月には道祖神まつりが行われます。河口で道祖神まつりが行われだのは、江戸時代の弘佑年間( 1844~1847)頃との説がありますが、それより古くから行われていたことち考えられます。本来は上町、中町、下町の三町で各々1本、合計3 本の御神木を建てていましたが、現在では三町が交代で当番区となり、神社脇の道祖神前(消防団詰所広場)に 本の御神木を建てます。御神木保存会の指導のもと、厄年、自治会の皆さんが一体となり、30~40 メートルの巨木を建立します。御神木の代表的な行事は次の通りです。
御神木下見、切り出し準備 御神木を決めて、切出しに使う藤の蔓を集めます。
同神木の切り出し  1月5日。御神木をみんなで力を合わせて山から引き出します。
枠建て、切りはい 13日。建立の支えとなる枠を建て、御神木飾りを作ります。
御神木建立 14日8時30 分より。みんなの力を合わせて御神木を建立します。
御神木倒し、花づくり 御神木を倒し、飾った御注連から各戸配布の花を作ります。
このほか、小正月の行事として、1月16日夜から17日未明にかけて行われる山之神の祭事があります。山之神は山や田畑の守り神。弓矢を射って悪魔を払います。

『住民総参加で地区の行事やお祭りに』
 「神代ながらの里なれど」と河口小学校の校歌にもありますが、河口の集藩の成立は古く、伝統的な祭事や地区の行事が行われ、良好なコミュニティーが形成されています。河口浅間神社にまつわる伝統的な神事としては、正用始めの御神木建ての道祖神祭、その年の農作物の作況や世相情勢を占うお筒粥の神事、節分の豆まき、春の倒大祭、夏の太々御神楽祭、身を清める大拭いの身曽岐祭、秋のの諏訪神社の奉納相撲、動労やその年の収穫に感謝する新嘗祭、などが行われています。これらの行事が無事に執り行えるのは、氏子である河口地区の皆さんの深いご理解とご協力があってのことと、深く感謝申し上げます。
 また、地区の行事としては、夏の盆踊り大会、公民館まつり、歩け歩け大会などが開催され、地区の皆さんの交流および懇親の機会になっています。これらの行事を通じて、住民相互のすを深め、お互いに聞け合う地域社会を築いてきました。
 社会問題とちなっている少子高齢佑の影響でしょうか、人口が減少し、集藩の存続が危ぶまれる「限界集落」などという言葉ち耳にしますが、河口地区では、世帯数も増え、集落としてち拡大しているように思います。転居などにより、新規に河口地区に居住された方もいらっしゃるることでしょう。ぜひ自治会に加入し、地域の行事にご参加ください。また歴史ある河口に住むことに誇りを持ち、伝統的な祭事にも積極的にご参加ください。古の先達から伝わる伝統的な行事を後世に引き継いでいきましょう。
 「地場の良好なコミュニティーの形成J が、火事や地震、集中豪雨などの防災、まだ安心安全に暮らす防犯のまちづくりの視点からち有効と言われます。住民総参加で地区の行事や祭事を行いたいと思います。
 神社では、常に地区の安泰と、河口地区にお住まいになられるすべての方を氏子として、家内安全をお祈り申し上げております。
                                                                                           河口浅間神社