初詣

大晦日の除夜から新年を迎えるとき、神社では、旧年の無事の感謝と、新年の多幸を祈願する神事が行われます。新年の初太鼓と共に、多くの方が初詣に参拝されました。
歳の瀬における河口地区皆さんによる清掃に清められた境内。ライトアップで闇夜に浮かび上がった大鳥居、随神門の光で参道も明るく、荘巌な鎮守の森で初詣の参拝をされた皆様の身も心も清められた事でしょう。拝殿前、参拝者が暖をとる焚火の周りではお神酒に加え、観光協会による甘酒の振る舞いもありました。
天候に恵まれた元旦の朝8時頃、厄年、新成人および喜寿などのお祝いの歳に当たる方々のお祓いの行事が行われました。三箇日は多くの参拝者をお迎えしますが、今年は特にバスツアーによる遠方からの参拝者もみえられ、神社では賑やかな年明けとなりました。
このほか、5日には町による各種団体の安全祈願の神事が行われましたが、神社では皆様のご健康と幸せを常にお祈りしております。

浅間神社だより 第21-1号より転載