新嘗祭の献穀

自然の恵みを受け、一年の秋の収穫を得て、生産を祝い、お互いの勤労を尊び感謝しあう勤労感謝の日が11月23日に制定されています。全国の主な神社では、この日に新嘗祭の神事が行われています。新嘗祭では、その秋に収穫した新穀を奉納し、感謝のお祈りをいたしております。
私たちの郷土の氏神、延喜式内明神大社河口浅間神社においても、古くからこの神事が行われており、各戸から奉納の献穀を願い、健康に勤労できたことおよび作物の収穫を感謝するお祈りをいたしております。
新嘗祭の神事は、春の例大祭や太々神楽祭(おおだいだい)、お筒粥、身曽岐祭などと共に古くから行われている河口浅間神社の大切な神事です。
神社では、毎年、自治会長さん、隣組長さんを通じて、各戸から献穀の奉納を願っております。皆様の勤労の状況や生産の状況になどに応じ、献穀の趣旨により、奉納の誠を賜りますようお願い申し上げます。

浅間神社だより 第20-4号より転載